「鈴木藤助日記」を読もう

   鈴木藤助日記を読む会に参加しませんか?

12月の鈴木藤助日記を読む会

12月14日(水)9時30分より集まりがありました。

鈴木藤助日記の明治6年8月1日より2日の記事を読みました。

この日の話題は、川崎市市民ミュージアムの指定管理者変更の件、ミュージアム所蔵の池上家文書、田村家文書、鈴木家文書(長尾村)などにも及びました。

池上家文書については、近世中期池上幸豊が進めた砂糖国産化、海中新田開発の基底に「国益」思想を見出すことができる。この「国益」が幕末の「御国恩」の考え方に繋がり、明治以降の天皇制へ結び付くとの落合功氏の著作紹介がありました。

また博物館などの文化行政は、大衆性と専門性のバランスをどう取るかが大きな課題であるという話を興味深く聞きました。 

 

◆次回は1月30日(月)10時より

◆次々回は2月20日(月)10時より

 

f:id:chidorikomonjyo:20161215000032j:plain

    八王子城址近くの林道