「鈴木藤助日記」を読もう

   鈴木藤助日記を読む会に参加しませんか?

5月の鈴木藤助日記を読む会

鈴木藤助日記を読む会が5月15日溝ノ口のちどりでありました。

私は会を休んだため、これ以下はSさんが報告してくれた内容を

掲載させていただきます。

日記は、明治6年9月6日から16日まで読みました。

9月6日

念仏講で護摩を焚いたようだが、どういう趣旨なのだろうか。

山田村(幕末~明治)の日記では、頻繁に護摩を焚いている。

農業上の「除災祈願」、農業を脅かす災難を払うために行なう。

年中行事化しているものもあれば(虫送りなど)、

困った時臨時に行なうもの(雨乞いなど)もある。

年中行事化したものはお祭りの要素が強く、

儀式の後のどんちゃん騒ぎのほうが主目的になっていたりもする。

藤助の日記に「除災祈願」的な護摩焚きの記述が少ないのは、

長尾村ではあまり行なわれなかったせいなのか、それとも

農業者リーダーとしては藤助の立場が強くないせいなのか。

 

9月7日

下女が子供を産んだらしい。書き付けとは、その届けを名主へ届けたのか。

 

9月8日

掛け取りは、藤助が質屋と事業用資金貸し付けを手広くやっている関係。

麦つきを3臼している、ということは水車を使ったのではなく、

家に臼があって、それでついているらしい。

しかし、ひとりで3臼もつくとは、よほどタフなのか?それとも何か省力できる方法があったのか?

そもそも何のために麦をつくのか、醤油造りのための脱穀か?

見舞いとは、病気見舞いか、季節の挨拶か。

おそらく重陽節句で、久弥と大谷も同じ目的で訪ねたと思われる。

 

9月9日

おことに縁談が持ち上がっている。

以前、小山田村へ嫁いだが死別して実家へ戻ってきた。この頃は30歳くらい。

赤飯が届いたのは、重陽節句と思われる。

このような贈答品のやりとりには、どのような法則があるのか?

今回は誰が誰に贈る番、などといった持ち回りや交代制があるのか?

 

9月10

曽之吉というのは、あまり聞いたことのない名前。

貸し付けの商売の関係者と思われる。

広尾は、現在の港区広尾なのか?おきくとは?

 

9月11

泊まっていた客たちが帰っていく。重陽節句で訪問してきたのか。

 

9月12

「はま」は横浜の意味。

いつから横浜をハマと呼ぶようになったのか、それほど古くはないはず。

 

9月13

前にも出てきたが、下ケは地名の下綱。

 

9月14

平おたみは、平村のおたみ。

わざわざこのように表現するのだから、

藤助は長尾村住人であって平村の住人ではない。

(※「藤助家は平村にあったのに、長尾村のコミュニティに所属していた」と

主張する参加者がいるので)

祭礼を、本来神社でやるはずが雨天のため等覚院でやることになった。

どういうことなのか不明。

稲刈りをすませていないのに村祭りをするのも、少々わかりにくい。

旧暦の名残でこの時期に催すことになったのか?

 

9月15

かこ善とは、「水夫の善吉」みたいな人名の略称と思われる。

樽集め(空き樽の回収)をしているが、なぜ水夫がするのか。

たまたま暇だったから、藤助に頼まれたのだろうか。

(※かこ善とは「駕籠屋の善吉」の意味です)

おりよが亡くなり、有馬村へ知らせに行っている。

村の住人が残らず来たというのは、おそらく祭礼でなく、おりよの弔いのため。

鉢はらいとは、直会の意味と思われるが、一般的には「鉢洗い」というのでは。

諸勘定は、祭礼の会計と思われる。

 

9月16

おりよの葬式が行なわれる。前日は通夜だったのだろう。

香典として、現金と米を出している。

この時代は貨幣経済が浸透しているのに、米を出すのは何か意味があるのか?

葬式を手伝ってくれた人たちに御礼として配るため、という意見あり。

おけいが川崎大師へ参詣するついでにこちらへ立ち寄った。

川崎大師は、それほど遠くないので、女性に大変人気の参詣先だった。

以上です。

 

 

◆次回  6月12日(月)10時より

◆次々回 7月10日(月)10時より 

 

 

f:id:chidorikomonjyo:20170520082355j:plain