「鈴木藤助日記」を読もう

   鈴木藤助日記を読む会に参加しませんか?

都筑の中山恒三郎家と鈴木藤助日記

都筑区川和町の中山恒三郎家から、歴史的に貴重な資料が横浜開港資料館へ寄贈されたというニュースが発表された。

http://www.yokohama-history.org/files/6914/9213/7059/d4eada39e34b954d0e7a5bfa72f89a23.pdf

 

この情報を井上先生から伺った。

中山恒三郎家では菊の栽培を行っており、観菊会には東京や横浜から多くの人が訪れたとのこと。

これらの人々の中には、著名な政治家である大隈重信松方正義北白川宮などの皇族もいたそうである。

 

それで思い出したことがある。

鈴木藤助日記の記事で、川和に菊を見に行く記事があったのだ。

検索してみたのでここに記す。

 

明治十一年十一月十三日 

 留五郎・向庄三郎・相良先生・下山根氏同道川和村へ菊見ニ行夕方帰り来る

 

明治十六年十一月八日 

保三郎・下ノ山根公・上作村金吾并ニ耕地ノ桂三郎・学校ノ教師・古キ店台次同道ニて川和村へ花見ニ行、花見連中夕方一同帰り来

 

明治二十一年十一月五日 

原町田ヨり留五郎・清助・重蔵・栄助・平蔵川和村ノ菊へ廻り五時頃帰ル、悦蔵車ニて保三郎原町田夜ニ入テ帰ル

 

明治11年、16年、21年の3回、川和村の菊を見に行ったことがわかる。

中山家の菊が有名で、近隣の庶民も観菊を楽しんでいた一例である。

 

 

 

f:id:chidorikomonjyo:20170709151735j:plain

      観菊のイメージ画像

 

 

chidorikomonjyo.hatenablog.com