「鈴木藤助日記」を読もう

   鈴木藤助日記を読む会に参加しませんか?

2019年3月の鈴木藤助日記を読む会

3月18日(月)、鈴木藤助日記を読む会が開かれました。

鈴木藤助日記を読む会の会員であり、横浜あおば史談会の会員でもある方から、『青葉区域の江戸時代からの風習「六阿弥陀詣」』の冊子をご寄贈いただきました。
横浜市青葉区内の6ヶ寺の阿弥陀仏を参詣する風習が、江戸時代に存在したことを丁寧に調査し報告されています。これを「都筑六阿弥陀」と呼ぶそうです。他にも横浜・川崎地域に同様の六阿弥陀詣があったとのこと。さらに江戸の六阿弥陀詣の調査もされています。調査研究のご努力に敬意を表すると共に、読む会の会員で回覧させていただきます。
ちなみに、鈴木藤助日記にも江戸の六阿弥陀詣の記述があり、明治13年9月21日から22日にかけて藤助自身が参詣しています。

「鈴木藤助日記」は、明治7年2月7日より2月16日までの記事を読みました。
2月7日、御嶽山御師(武蔵御嶽神社御師)が来て、藤助家に逗留しています。御師は藤助家に泊まり、長尾村の家々を廻り、角付(かどづけ)をしているようです。御師は、御嶽信仰の「営業マン」として、たくさんの土地を廻り、いろいろなことを知っていたでしょう。このような御師のお話を聞くことも、村の人々には楽しくありがたいことだったと想像します。井上攻先生のお話によると、神奈川宿御師が来ると必ず酒宴になったそうです。
2月9日、藤助の息子の留五郎が酒税を納めるため、横浜に行きます。近隣でお酒を造っている人々の税金を、まとめて持って行く様子です。今に繋がる税制の黎明期です。
2月13日、地域の小学校である化育学舎の先生が、生徒の出席日数取調書を藤助のところへ持ってきます。藤助の印鑑が必要だったのでしょうか。この書類を溝ノ口の会所へ提出するとのこと。教育行政の始まりの時期でもあります。


◆ 次回  4月22日(月)10時より
◆ 次々回 5月27日(月)10時より

 

f:id:chidorikomonjyo:20190322070851p:plain

 

chidorikomonjyo.hatenablog.com

 

2019年2月の鈴木藤助日記を読む会

2月25日(月)、鈴木藤助日記を読む会が開かれました。

井上攻先生のお話は、ご専門の由緒のことでした。
増上寺の御霊屋領であった横浜近隣のいくつかの村は、「御由緒」を持ち、独自の負担と役割を持っているとして、助郷などの諸役拒否を許されていました。この特権は、他の村々より優越するという意識を形作っていきます。増上寺領におけるこの特権は、様々な免除運動により、近世初期より村の方から勝ち取っていったものであろうとのお話を興味深く拝聴しました。
増上寺領に残された古文書を見ると、家康・秀忠・お江の月命日には実際に仕事を休み、御仏霊を拝んでいた記録があるそうです。

「鈴木藤助日記」は、明治7年2月1日より2月6日までの記事を読みました。
2月3日、長尾村内の台と呼ばれていた所に住んでいる善右衛門家に、男の子が誕生し、三つ目ぼた餅を善右衛門が藤助家へ持って来ました。藤助日記では、三つ目ぼた餅の記事をよく目にします。三つ目ぼた餅とは、子どもが産まれて3日目に行うお祝い事で、ぼた餅を近所に配ります。関東近辺の風習で、お重箱に大きなぼた餅が3つ入っていたとのこと。出産後の母親がもち米を食べると母乳の出がよくなるのだそうです。またぼた餅を配ることで子どもの誕生を知らせる意味があったようです。
2月6日、女奉公人と男奉公人の取り決めをしています。藤助家では、近所の人が通いで働きに来ることもよくあるのですが、住み込みで働く奉公人が男女とも数名ほど居たようです。「出替わり」といわれ、奉公人が1年または半年の契約期間を終えて入れ替わることがありました。


◆ 次回  3月18日(月)10時より
◆ 次々回 4月22日(月)10時より

 

f:id:chidorikomonjyo:20190228224244j:plain

 

chidorikomonjyo.hatenablog.com

 

2019年1月の鈴木藤助日記を読む会

1月28日(月)、鈴木藤助日記を読む会が開かれました。

井上攻先生のお話を伺いました。現在、横浜市歴史博物館における「文化財展/神奈川の記憶展」が終了し、お借りした品々を返却しているところとのこと。今回の展示は朝日新聞社も主催だったのですが、新聞媒体の減少を感じるものであったそうです。また、横浜市歴史博物館発行の冊子に「ご聖体の連祷と黙想の図」の展示が記事になっているので、ご覧いただきたいとのことでした。

「鈴木藤助日記」は、明治7年1月22日より1月31日までの記事を読みました。
1月22日、伊兵衛の家では棟上げのお祝い行事があったようで、藤助も呼ばれています。お酒や料理が振る舞われたのでしょうか。手伝いに行った藤助家の太七は、大工を送りに行ったとかで、翌朝帰ってきました。
1月23日、また太七が伊兵衛の家に手伝いに行くと聞き、「そんなに手伝いに行かなくてもいいのではないか」と珍しく感想を記しているのが、おもしろく感じます。
1月26日、藤助家の者が、平村より長沢、蔵敷、犬蔵、土橋、有馬、馬絹へ年礼に行っています。28日は溝ノ口、久地、堰、宇奈根、猪ノ方へ年礼に回っています。この地域と密接な関係があることが想像できます。
1月29日、地域の学校である化育学舎にたくさんの人が集まりました。近隣の先生や生徒が86人。藤助家ではおむすびを出したと記されています。たいそうな炊き出しであったことでしょう。


◆ 次回  2月25日(月)10時より
◆ 次々回 3月18日(月)10時より

 

f:id:chidorikomonjyo:20190130102130j:plain

 

 

chidorikomonjyo.hatenablog.com

 

2018年12月の鈴木藤助日記を読む会

12月18日(火)、鈴木藤助日記を読む会が開かれました。

井上攻先生より、横浜市歴史博物館において開催中の「文化財展/神奈川の記憶展」について、前回に引き続きお話がありました。
「神奈川の記憶展」にて展示中のキリシタン信仰画について、安土桃山期の作品である可能性が高いことに加えて、専門の研究機関により、誰の持ち物であったかの調査が進んでいるそうです。近々朝日新聞の「神奈川の記憶展」関連記事になるとのこと。
「神奈川の記憶展」では、他にも貴重な史料が展示されているので、是非ご覧頂きたいと井上先生は話されました。

「鈴木藤助日記」は、明治7年1月12日より1月21日までの記事を読みました。
この時期、臼彫りの職人2人が泊りがけで仕事に来ています。どんな仕事をしているのかはっきりしませんが、臼彫りの職人が素麺作りで有名な井田村(現:川崎市中原区井田)から来ていることが手掛かりになるように思います。
1月14日、向店・古着店と共にお餅をついています。翌日の小正月の準備でしょうか。小正月の行事は「どんど焼き」と呼ばれ、正月の松飾りなどを燃やした後、お餅を食べ、1年の健康や豊作を祈るそうです。今でも川崎市麻生区早野地区や、横浜市都筑区の山田富士公園などで行っているとのこと。
1月21日、松月堂より鮎を1枚もらったと記されています。冬の寒い時期でも鮎猟をしていたのかと話題になりました。

◆ 次回  1月28日(月)10時より
◆ 次々回 2月25日(月)10時より

 

f:id:chidorikomonjyo:20181220042255p:plain

 

chidorikomonjyo.hatenablog.com

2018年11月の鈴木藤助日記を読む会

11月27日(火)、鈴木藤助日記を読む会が開かれました。

井上攻先生のお話。
横浜市歴史博物館において11月23日(金)より開催の「文化財展/神奈川の記憶展」について詳しい情報をもらいました。
「神奈川の記憶展」は、朝日新聞神奈川版で連載されている「神奈川の記憶」の記事にちなんだ展示です。考古学の領域から現代史までの神奈川の歴史や文化を発掘し、新聞記者の視点で提示してきた130話を超える記事の中から20話を選び、その内容を歴史資料とともに紹介しています。
その展示物のひとつに神奈川県大磯町の「澤田美喜記念館」で収蔵されているキリシタン信仰画があり、16世紀末の安土桃山期の作品である可能性が高いことがわかったそうです。11月19日(月)の朝日新聞及びNHKニュースで報道されて、話題となっています。
文化財展」も併せて盛りだくさんの展示内容となっているので、ぜひ見学してほしいとのこと。

「鈴木藤助日記」は、明治7年1月7日より1月11日までの記事を読みました。
1月10日、地域の小学校である化育学舎の子供たちが等覚院に集まり、席書をしたと記されています。席書とは「せきがき」と読み、手習いの子に書画を清書させる会、またはその展覧会のこと。この日等覚院には、藤助や息子の留五郎、学校の先生方も集まり、遅くなったので子供たちにおむすびをふるまったそうです。小学校の子供たちの成長を、あたたかく見守る地域の目を感じます。
1月11日、太七が伊兵衛方の地形の手伝いに行っています。地形は「じぎょう」と読み、何のことかと話題になりましたが、建築物の基礎を支えるための地固めのことかと思います。

◆ 次回  12月18日(火)10時より
◆ 次々回 1月28日(月)10時より

  

f:id:chidorikomonjyo:20181129205216j:plain



chidorikomonjyo.hatenablog.com

文化財展と神奈川の記憶展

横浜市歴史博物館では、11月23日(金)より企画展が始まりました。
横浜市指定・登録文化財展」と「神奈川の記憶展―歴史を見つめる新聞記者の視点」の同時開催です。

文化財展」は、平成30年度に指定される横浜市の指定文化財、また過去に指定された県・市の文化財を紹介します。
「神奈川の記憶展」は2015年10月から朝日新聞神奈川版で掲載が始まり、130話を超えた今も続く連載記事の中から20話ほどを選び、その内容を実物資料とともに紹介します。新聞媒体と博物館展示のコラボレーションを楽しめそうです。


会期 2018年11月23日(金)~2019年1月14日
会場 横浜市歴史博物館
開館時間 9:00~17:00

 

詳しくは下記へ 

www.rekihaku.city.yokohama.jp


2018年10月の鈴木藤助日記を読む会

10月9日(火)、鈴木藤助日記を読む会が開かれました。

ある会員さんが、読売新聞「生活を支えた相模の水運」(9月2日)の記事の切り抜きを持ってきてくれました。相模川相模国の物流の大動脈で、相模川の水運については、廻船問屋の古文書などの記録が残っており、歴史的にも研究されているようです。一方多摩川の水運については、記録が少ないとのこと。「鈴木藤助日記」の記述から藤助家では、塩や小麦を多摩川の舟で運んでいたことが分かります。「鈴木藤助日記」から多摩川の水運について、少しでも解明できたらよいと思います。

明治初期ウサギをペットとして飼う人が激増、海外からウサギを飼う習慣が入ってきて人々の心をとらえたようです。それに伴いウサギの値段が高騰し、飼育して高値で売ろうとする輩が出てきました。ウサギバブルといえる風潮を危惧した東京府は、ウサギ1羽につき1円を徴収するなど対策を取りました。
(「明治日本に訪れたウサギバブルの結末」参照)https://moneyforward.com/media/life/69675/
「鈴木藤助日記」の明治6年12月23日に、「平郡次方より兎の子をもらう」という記事があります。ちょうどウサギバブルに対応した時期と重なります。高いウサギ税を回避するため放出されたウサギが、藤助家にもやってきたのかもしれません。これも会員さんからの情報で、読む会当日の話題になりました。

「鈴木藤助日記」は、明治7年1月1日より1月6日までの記事を読みました。
明治7年の新年を迎え、藤助家では藤助や息子の留五郎が、長尾村内の主だった家へ年礼に行っています。
2日から樽拾いの雇人がきています。この日が仕事始めだったのでしょうか。
3日、年玉に鳥が来るとあります。ニワトリでしょうか。戦後すぐ、今から60年前こと、締めたキジ(雉)を贈答品としていた事例があり、キジはとても綺麗だったそうです。
鳥を捕まえる銃、更には刀の話にまで話が及びました。


◆ 次回  11月27日(火)10時より
◆ 次々回 12月18日(火)10時より

 

f:id:chidorikomonjyo:20181012152304j:plain

 

 

chidorikomonjyo.hatenablog.com